潮吹き・ポルチオなど性器へのアプローチ方法は100の手が存在する!

 

潮吹きやポルチオを詳しく攻略します

 

性器の研究は、性道探求において最も基本的な所である。

 

ペニスや膣などへの探求は、いくら探求してもし足りないくらいで、もはやライフワークともするべきものだろう。

 

今回は第一の法として、性器への刺激の中でも特筆すべき点をこの天明が伝えていく次第である!

 

 

潮吹きの術

 

潮吹きのやり方や女性のメカニズム

 

マンピーのG★SPOTへの着手は段階を経てからである!

Gスポットは既に多くの者がその存在を知る有名な性感帯の1つであり、この攻略は手マン道においては花形とも言えるものである。

 

いくら小童であろうとも、クリトリスくらいは知っておろう。

 

そこで、性器研究の第一歩としてGスポット攻略を伝えていく。

 

さて、Gスポットを刺激すりゃ、なんでも気持ちが良いかと言うと、決してそういう事ではない。では、Gスポット攻略の作法とはどういうモノだろうか?

性感帯は脳が司ることを思い知れ

和合。すなわちセックスと名の付くものは全て、段階が重要である。特に女性に対しては、この段階を踏むことが重要で、その最初の一歩はビビりの除去である!

 

ビビりの代表的なものとしては

「緊張」や「不安」

であり、これを取り除いていくことが最初のステップになるだろう。

 

おしゃべりや態度で、これらの要素を少しでも無くしていこう。その準備を経て、次に進むことになる。

 

徐々に、エッチなワードを織り交ぜた言葉がけや、スキンシップをし、性的な気分を盛り上げていく。こうして女性の脳のスイッチをオンにすることなくしては、快感度は一向にあがらないのだ!

 

これら作業を

「精神的前戯」

と呼ぶ。

 

脳へ愛撫することをイメージして、段階的に施していくべし!気持ちをエロエロにさせねば、真のオーガズムはやってこないのだ!

基本技「焦らし」を駆使して、性感帯の感度を高める

女性の不浄の口より溢れる大量の潮。

俗にいう「潮吹き」

だが、男の征服感を刺激する為にも、非常に有用なものである!

 

小童どもとしては、ぜひ体得したい技の1つだろう。

 

その際に重要なのは、Gスポットへの執拗な刺激となるのだが、ここも段階が重要だ!

 

やはりキスや胸への刺激など、前戯は十分に行っていきたい。また、王道であるクリトリスへの刺激も必要となるが、そこへ向けては「焦らし」の技を使っていく!

手が少しずつクリトリスに近づく

 

周辺を撫でまわすく

 

たまにクリトリスを触るく

このようにして、否応なしにクリトリスを意識させる。

 

意識させて意識させて意識させる!

 

そして遂にその突起に触れれば、その際の快感度は強烈となるのだ!

 

この段階を経てから、本格的にクリトリスの刺激に進むのが望ましいだろう。

 

そこでまずは最初のオーガズムを迎えさせるのがベスト!

 

特に女性が潮吹きに慣れていない場合、「クリイキ」による体の準備が大きな助けになるだろう。

Gスポットへのアクセス

さて、ついにGスポットへの刺激だ。

 

その位置はわかるだろうか?仰向けにした女性に中指と薬指をつっこみ、軽く指を曲げれば、その位置に鎮座するのがGスポットである。

 

ジースポットの位置

 

しっかりと前戯がされていれば痛みはないが

不足している場合は痛みを訴える場合

がある。

 

痛みがあれば、潮吹きどころの騒ぎではない事は火を見るよりも明らかだ。

 

その場合は前戯から見直してみるべきである。

 

また、セックスに慣れていない女性では、前戯が十分であっても痛みを感じる事があるだろう。

 

その場合は潮吹きには早いと判断し、ソフトに刺激するだけに留めておく。

 

Gスポットの刺激は

「掻き出す」「押す」

の二種類が代表的。

 

徐々に刺激を強めていく。

 

途中

「痛い?」

っと相手に聞くのは重要で、それにより性器の開発具合を確かめる。

 

多少強めに刺激しても痛みが無いのであれば、結構なマンコである!

 

ガンガン刺激していくべし!

 

この時、女性によっては尿意を感じるかもしれない。

 

が、気にせず前に進む。

「おしっこしたくなっちゃった・・。」

っと申告してくる人も居るだろう。

 

その際は以下のように言ってやると良い。

○「出ちゃってもいいんだよ。」

 

優しく言う事で羞恥心を著しく軽減!安心して刺激に体を任せる事が出来るようになる術なり!

 

○「お漏らしするところ見せて。」

 

コチラが興奮することを主張。適度に羞恥心を刺激しつつ、お漏らしに性的なアピールが在ることを自覚させた上で、女性の自尊心を高めさせる術なり!

 

×「このクジラ女!!」

 

ただの罵倒。しかも心なしか「じわる」ので引き潮が確定する悪手。

 

☆「考えるな感じろ!!」

 

大宇宙と一体化し、フォースを感じる術ナリ!

 

Gスポットの刺激が中盤に差し掛かったら、M字開脚の体制を取らせる。その方が手マンがやりやすく、また女性も吹きやすくなる。

 

枕もある方がよく、出来れば高めの枕が良い。

 

空いている手でクリを刺激つつ利き手でGスポットなども良いだろう。

 

大いにヨガルこと請け合いだ!(天狗レベルはさらに右手小指をアナルに突っ込む事もある)

 

そして、熱き潮流を感じたならば、空いてる腕で女性の両足を一気に上げ、まんぐり返しの体勢に移行。

 

一気に掻き出すべし!

全行程終了!

そして潮吹き直前は、まず膣イキが迫ることで

膣内部が空洞化(バルーン化現象)

し、前身に力が入り、喘ぎ声も一段と大きくなるだろう。

 

そしてオーガズムの到来とともに、念願の潮が女性器から現出するのだ!

 

これで全工程が終了したことになる!

 

後は、びしょびしょになり、おねしょ状態のシーツを眺めながら、悦に浸れば良いだろう。

 

一山を登り終えたベテラン登山家の如く、征服感に酔いしれるが良い!

潮吹きのTIPS

吹き方はじわじわと漏らすように出る女性もいれば、ピシャーっと勢いよく出る女性もいるが、多くの場合は漏らすパターン。

 

クジラのようにピシャーっと出してほしいと考える人も多いだろうが、あまり

潮の出方に拘る必要は無い

だろう。

 

バルーン化は膣イキにより起こる現象であるから、バルーン化したからといって、潮を吹くとは限らない。

 

潮を吹くことは気持ちのよさと直接的な関係は無いと考える。あくまでもセックス時のスパイスと考えるのが妥当。

 

逆に膣イキなしに潮を出す女性もいる。

 

ポルチオの術

 

ポルチオ性感帯の開発方法について

 

Gスポットへの刺激をクリアすれば、残された牙城はただ一つ。

 

ポルチオである。

 

ポルチオとは子宮口あたりの性感帯を指し、正に膣の奥底に鎮座する、性感帯の王様と言っても良い場所。

 

この秘境を開発してやれば、そのあまりの快感に男の前にひれ伏し、常にセックスを懇願する奴隷にすることも可能!

 

まさに奥義とも言えるものなのだ!

「○○君とのエッチ、気持ちよすぎて・・・。」

 

 

「こんなに感じた事ない。。体の相性が良いのかな?」

 

 

「気持ちよすぎておかしくなっちゃう。。もう離れられない・・・。」

このような、まさに自尊心をくすぐる一言を受けたいのであれば、是非とも狙っていきたい技の一つである。

ポルチオの場所はどこだ!?

子宮口と言われても、分からない者は多いだろう。

 

しかし場所が分からなければ、攻めようもない!

 

まずは場所やその形状を知っておくのは重要である。

 

ポルチオの場所

 

ポルチオの場所は

膣の奥。子宮口にある。

その形状は個人差はあるもの、直径2センチ程度の円形の突起物で、触ってみれば、デカい肉の塊のようなものだ。

 

その中心地に穴があいており、その先に子宮がある。

 

文字で表せば

「Ω」のような形

になっていると言っていい。

 

この突起物への刺激により、女性はこの世のものとは思えないほどの快感を手にすることが出来るワケだ。

快感を得るためには開発が必要となる

ポルチオにおいて、最も難しいのはなにか?

 

それは

快感を得るために時間を要する

と言う事である!

 

ポルチオは触れば即快感というモノではなく、時間をかけて開発するもので、多くの人間がその壁の前に挫折していく。

 

また、慣れていない女性であれば、触ると痛むことも多く、攻略には細心の注意を必要とするだろう。この事は予め十分に覚えておくと良い。

 

特に、若い女性は、最初は痛みを感じることが多いので注意が必要だ!

 

逆に30代の女はすぐにでも受け入れる場合があり、また、

出産経験があれば特にその傾向は強い。

出産により、子宮口が柔らかくなっているからと言われている。

 

というワケで、手っ取り早く楽しみたい場合は、熟女や人妻(出産経験あり)を狙っていくのが良いだろう。

まずは子宮口をおろす

女性は性的興奮が大きくなると、子宮口が下りてくる。

 

すると、今まで届かなかったポルチオに指が到達しやすくなるのだ!

 

なのでまずは通常のセックスを続けよう。

 

ポルチオは後回しだ!

 

そしてまずは

クリトリスあたりでイカせるのがポイント

になる。

 

その後、間髪入れずGスポット刺激に移行するワケだが、その際に少し奥まで指を入れてみよう。

 

すると、前述した「Ω」を発見できる可能性が高い!

 

どうしても手が届かないようであれば、屈曲位のような恰好をさせて手マンをしていくと良い。

 

すると手が届きやすくなるだろう。

痛いかどうかを必ずチェック

首尾よくポルチオを確認できたとしても、痛みを感じる女性は多い。

「ここどうかな?痛い??」

っと、ポルチオを初めて攻める時は確認してみよう。

 

その際は、さらにソフトに刺激するか、その付近に刺激ポイントをずらすようにするべし!

 

痛みがあるのに無理に攻め込むと、苦手意識を植え付けるだけになる。それではまったく意味が無いので、この辺りは十分に注意して取り組みたい。

 

また

一度ポルチオから離れてGスポットを刺激に移行してしまう

のも手だ。

 

そちらで大きく刺激を与えながら、途中にポルチオを少し触ってみたりするのも良いだろう。

一回のセックスでは到達は不可能!回数を重ねていくべし

多くの場合、ポルチオ開発は一日では成らない。

 

従って、何日にも渡って、ポイントを刺激しなくてはならない。その都度、手による刺激でオーガズムを迎えさせ、少しずつポルチオを攻めていく。

 

常に相手の反応を伺い、喘ぎに変化が無いかをチェックしていくと良いだろう。

 

後は根気だ。

 

いつか来るその日を信じて

一に手マン、二に手マン。

スポ根漫画の主人公の如く、手マンをし続けるのが重要なのだ!

 

中には数か月を要する相手もいるだろう。

 

しかし折れてはならない。

 

手マン道は長く険しい。

 

その頂きを目指して、日夜励む。雨の日も風の日もだ!

 

そうして流した汗の先に、ポルチオオーガズムがあるのである!!

 


PAGE TOP