アナルは開発はM男を自負するなら必ず行うべき!

一般的にM男は少数と思われがちですが、実は非常に多くの男性がM的な気質を持っています。なぜこれほどまでにM男が多いのでしょうか?

 

ドMを自負するならアナル開発は必須

 

それにはしっかりとした原因があります。

 

そしてその原因の中でも最も大きいのは、「男性はこうあるべき」という世にあるステレオタイプの存在です。

 

そもそも人間は、S的な素養もM的な素養も持っています。もちろん個人差はあるものの、S男性でさえ、M的気質を持っているのです。

 

そのくらいMとしての気質は自然なモノなのですが、世のスレレオタイプはそれを許しません。

「男はこうあるべきだ。」

という、無言の圧力は、自分でも気が付かぬまま、じわじわと確実にストレスを与えていくとともに、コンプレックス(劣等感という意味ではない)を形成させていきます。

 

アナタの中のMの部分は長いあいだ表に出せぬまま、凝り固まっていくのですね。その心の澱のようなものを、性的な快楽と結びつけて発散させる。

 

これがM男の本質という事が出来ます。

 

ですから、M男というものは、抑圧されている男性の解放の為の聖なる、いや性なる行為であり、ストレスが加え続けられた大地が、地震となって定期的に発散するが如く、ある種の物理現象ともいえる、当たり前のものなのです。

 

っとのっけから脱線しっぱなしですが、そうそう、それよりアナルの件でした。

 

M男を自負するなら、アナルは開発しとけよお前ら。

 

 

M男が手軽にSMを楽しむには・・・

SMクラブやM性感とかに行くしかありません。

 

しかしそれを敷居が高いと思うなら、SMテレフォンセックスしかないのです!

 

それな一体ナゼか・・・?

 

実はM男というものは、その性質上、強い想像力を養っていることが多いのです。

「女性にこんな風に煽られてみたい。」

 

「そんで体のあちらこちらを責められたら最高!」

 

「言葉責めでいじめられたら、こんなご褒美は無い!!」

などなど、常日頃からこれらのイメージをしているわけで、容易にその世界に没入する強烈な想像力を手にしています。

 

そして鍛え上げられたイマジネーションが、SMテレフォンセックス時に強烈な快感を生み出してくれるのです。

 

特にSM専門のツーショットダイヤルでは、多くのS女が舌なめずりしならがらM男を待っているんですよ。そして我々をヒーヒー言わして、ちょーきもちーー!ってなろうとしてるわけです。

 

というワケで、我々は電話で彼女たちにアレコレ言葉責めされつつ、チンチンしごいて射精するわけですが、それも確かに気持ちいい。

 

気持ちいいけど、さらに上を目指していくべきなのですよ!

アナルの開発は、M男を快楽の海に沈める、そして僕たち溺れちゃう

アナニーは男の最大の性感帯である前立腺を刺激し、一説では

女性のオーガズムに凌駕するほどの快感

を手にすることが出来ると言われています。

 

勝手に声が出るなんて当たり前の事で、ほぼ失神手前のような激しい快感に加えて多幸感までが押し寄せます。

 

簡単に言えば、キメセクとほぼ同じ状態を味わえるワケです。まじ凄い。

 

どうですか?

 

このような人類が手にできる最大の快感を、女性の言葉責めを受けつつ到達出来るんです。これを超えるご褒美は存在しませんから。

 

というワケであなたも、レッツ開発!!

エネマグラをポチっと・・・

アナニー開発に必要なものはエネマグラとローションのみ。

 

ローションは付属でついていますが、別途買うのが良いでしょう。そして注意が必要なのは、ローションは乾いていくということ。

 

乾いてしまうと痛みが生じるので、それに対する対策は必須です。途中で補充しないでも済むようなものを使っていくのが良いでしょう。

とりあえずオススメなのは、エネマグラローション

価格も安いのでとりあえずはこれでよいでしょう。

 

詰め替え用のパックの状態で売られていますので、別途容器を準備しましょう。

 

またワセリンなど、油分を使って長時間の使用に耐える方法もありますが、その辺りはお好みなので、慣れてきたらいろいろと試していくのも良いかもしれません。

とにかく開発!なんどもチャレンジ!

前立腺開発の最大の難点は、快感を手にするまでに時間がかかるという事!個人差はありますが、中には半年もかかったという人も居ます。

 

そして多くは途中で諦めてしまうのです・・・

 

あの快感を知っていれば、途中で諦めるなど愚の骨頂であることは間違いないのですが、知らなければ、いつ来るやも知れないその時を待ち続けることは難しい。

 

そこで

日頃のオナニーと併用で開発していく

のがオススメです。

 

オナニーするときは必ずエネマグラをぶっ挿す!これを続けていけば、勝手に開発は進んでいくと思います。

 

エネマグラを挿している状態では座りにくいですし、前立腺刺激には、体を横にしてくの字のような恰好がベストなので、その状態のままオナニーに励みましょう。扱きずらいですけどね(汗)

 

またSMテレフォンセックス中にエネマグラを挿しっぱなしにするのも効果的!それを相手に伝えて煽ってもらうのも良いでしょう!

 

アナニー開発が楽しめますからね!

ポイントを探すのには苦労するかも

前立腺の位置は人によって多少の違いがあります。

 

エネマグラが前立腺を通り越して精嚢辺りに当たってしまう事もあるでしょうが、そもそも精嚢を刺激するのは間違いではないので気にする必要はありません。

 

といっても、精嚢にあたってるかどうかは慣れてないとわからないと思いますが(笑)

 

ただ、精嚢を刺激するより、その手前の前立腺を刺激し、前立腺が収縮運動を繰り返したころに、精嚢刺激に移った方が良い人もいることを覚えておきましょう。

 

とにかくエネマグラをさして、少し動かしてみる。

 

激しく入れたり出したりする必要はなく、アナルの収縮運動だけで十分に刺激は出来ます。

 

とにかく探せ!ポイントを!!

射精時レベルの快感で満足するな

ああ!っとゾクゾクするような快感をうけるようになることがあります。

 

快感のレベルとしたら射精時と同じレベルです。

 

そこで

「おお、これがアナニーなのか!すげーー、満足した。」

っと終わるなかれ!!

 

それはアナニーの入り口。本番はこれからだ!

エネマグラを挿していることを忘れるほどの快感の波が断続しておこる

 

このレベルまできて、漸くアナニーの本領が発揮します。

自分が女になったような、まるで膣が収縮運動をして快感を作っているような感覚。

もしこの時、SMテレフォンセックスをしているとしたら、この頃からS女の言葉責めが遠くなり始める。

 

凄まじい快感だが、まだ脳は機能している。

快感の頂に到達。真のオーガズムを知る!

 

信じられないことに更に快感は増幅し、思考は完全に停止し、S女の言葉が聞こえるが何を言っているのかわからない状態に。

失神しそうな状態に対する恐怖すら消え去り、快感の頂点と多幸感に包まれる。

そして浄土に到達したことを確信する。

 

射精などママゴトかというような快感を得たことに、強い達成感を覚える事でしょう。

まとめ

さてさて、今回はアナニーをお伝えしてきました。

 

一度体験することさえ出来れば、その魅力の虜になることは間違いないのです。そして、ただでさえ強烈なアナニーをSMテレフォンセックスと同時にすることで、M男にとって最高の快楽を手にすることが出来るワケです。

 

開発には長い時間がかかりますから、気長に進めていきましょう。

早ければ1か月もすれば、快感が分かってきます。

そして更に開発し続けることで、真のオーガズムを手にすることが出来るでしょう!

 


PAGE TOP