言葉責めプレイは女性の性格やタイプによって強弱の調整を!

言葉責めプレイはテレフォンセックスにおいて女性を喜ばせる為の重要なテクニックであることは前々からから述べて来ました。

 

言葉責めの強弱パターンを付けた各種ネタを用意すべき

 

私はSMツーショットダイヤルと言葉責めプレイの親和性はテレフォンセックスにおいて非常に重要だと昔から感じていましたし

女性への絶大な効果ある

と経験の中から学んで来ました。

 

やはり、テレフォンセックスは電話での会話のみが頼りの遊びです。

 

単調な会話のみ(ノーマルプレイ)ですと、いずれは飽きが来ますし、リアルエッチの世界とは掛け離れたプレイこそがテレフォンセックスではお互いの気分を盛り上げてくれます。

 

ツーショットダイヤル番組の多くではテレフォンセックスする時に多くの女の子達が、男性からの言葉責めプレイを求めています。ですので、男性側は積極的にプレイの中に言葉責めプレイを取り入れるべきだと思います。

 

しかし、全ての女性に対して自分オリジナルの自慢の言葉責めのみを行うのはナンセンスです。

 

何故なら、言葉責めには幅広い語感の強弱が存在するからです。

 

「どこが気持ち良いのか言ってごらん?」

 

「吐息が漏れてるよ?君はエロい子なんだね」

 

みたいな極めてソフトな言葉責めから

 

「お前のオマンコは本当に緩いな。長時間楽しむのには最適なガバマンだわ」

 

「動物みたいな喘ぎ声出しやがって!この変態メス便器野郎がっ!」

 

このような中傷や罵倒に近い過激な声掛けもハードな言葉責めとして実際に使う人がいます。

 

当然、性に対してそれほど慣れていない男性経験の少ない女性に対してハードな言葉責めをすれば、間違いなくドン引きされるでしょう。ハッキリ言ってこの組み合わせはミスマッチであり、絶対に避けるべきです。

 

男性経験が少なかったり大人しい子、テレフォンセックス慣れしていない女性には

ライトな言葉責めから始める

のが鉄則です。

 

一方で、明らかなヤリマンタイプの女性にはハードタイプの言葉責めをしても許される事が多いです。SMやアブノーマルプレイを日常的に楽しんでいるような特殊性癖を持つ女性にも同じことが言えるでしょう。彼女達にとってノーマルセックスなんてのは朝飯代わりですからね。

 

SM専門のツーショットダイヤルでは、非日常的なアブノーマルセックスを望んでいる女性が多いです。しかし、中にはハードではなくノーマルに近い言葉責めがベストという女性もいます。

 

つまり、個々の女性によって

言葉責めプレイ自体の強弱を男性側が調節する必要

があります。

 

ですので、まずは自分がいつも女性とテレフォンセックスする時に実践している言葉責めプレイを客観的に分析してみてください。

 

そして、そのプレイがソフトなのかノーマルなのかハードなのかに分類して、自分のプレイがどの位置の言葉責めなのかをハッキリさせて下さい。

 

その上で、自分の言葉責めプレイの標準の強さ以外のプレイもネタとして考えて欲しいのです。

 

このような準備をしておけば、ツーショットダイヤルでもLINE電話エッチでも

様々なタイプの女性に合わせて

言葉責めプレイを難なく行えます。

 

相手に最適な言葉責めを実践できれば、女性の感じ方は桁違いです。

 

エクスタシーの深みが変わって来ますので、女性の方から次回も楽しみたいと言って来ますし、直ぐにテレフォンセックス友達ができます。

 

また、相手にピッタリの言葉責めテレフォンセックスを行えば女性の方から男性にリアルなお誘いの逆アプローチしてくる事も多いです。つまり、逆ナンパされるという事です。

 

相手の性格やタイプに合わせた言葉責めプレイの強弱の調節はテレフォンセックスをする上でメリットしかないのです!

 


PAGE TOP