言葉責めはSMの基本である!誰でも気軽に楽しめる方法を伝授します。

SMプレイには様々な要素があるのは皆さんご存知ですよね?

 

目隠しや緊縛プレイから始まり、蝋燭、ムチ、洗濯バサミなどもメジャーですね。

 

他にもピアスや首輪などを使ったプレイや、放尿や剃毛、野外プレイなどもSMプレイの一環として楽しまれるケースがあります。

 

SMの基本は言葉責めにあります

 

一方、SMテレフォンセックスの場合は、言葉責めを駆使して楽しむ事にあり、リアルなSMプレイと比べてプレイ内容に幅が少ないように思われるのが一般的です。

 

その為、まだSMテレフォンセックスの経験が無い方には

「言葉責めだけじゃそんなに興奮しないんじゃない?」

と言われるケースは決して少なくなく

「興味はあるんだけどやったことは無い・・・。」

と言う人は意外と多いようです。そこで今回はSMテレフォンセックスの良さや魅力を余すところなくお伝えしていきたいと思います!

SMの基本は言葉責めにある

SMと聞けば、多くの方が様々な小道具を想像するのが一般的でしょう。

 

そして、それら小道具を用いて羞恥心を刺激してみる。

 

SMの代表的な小道具と言えばムチ

 

あるいは、屈辱的な状況や環境を作り、それを性的快楽と結び付けたりと、そういうカタチが

SMのステレオタイプ

と言ってみても良いと思います。

 

確かにSMの小道具たちは、雰囲気作りに大きな役割を果たしますし、手軽にSMを楽しむうえでは便利な代物と言えるでしょう。

 

しかし

SMの基本は「言葉」にある

んです。

 

多くの人が過小評価しがちですが、「言葉」というモノは、最も手軽に、そして最も多くの刺激を相手に与える事が出来る道具であり、その効能は実に多彩。

 

言葉一つで、羞恥心を煽る事も出来ますし、屈辱的な気持ちにさせることも出来ます。

 

もっと言えば、「バ」と「カ」を組み合わせるだけで、スグに相手を怒らせることも出来るわけです。

 

何を当たり前のことをと思うかもしれませんが、たかだかそれだけで相手の感情をコントロールできるワケですから、考えようによっては魔法とも言えるようなモノです。

 

「言葉」というモノは、それ程までに相手の感情を動かすことが出来る力を持っているのですから、これを使わない手はありませんありませんよね!

 

特に感情に強く作用させることが重要なSMプレイにおいては、言葉を効果的に扱うことが、快感への近道と言ってよいでしょう。

「如何に効果的に言葉責めを使っていけるか」

ここにSMプレイの快感を倍増させるカギがあるのです。

想像力を駆使すれば可能性は無限大に広がる!

SMテレフォンセックスは言葉を駆使して、相手の感情を揺さぶっていくプレイです。

 

卑猥な言葉を使って、相手の羞恥心を煽ったり、屈辱的な言葉を浴びせて、相手の自尊心に刺激を与えたりします。

 

言葉の力を使い女性に刺激を与える

 

そして双方が、相手の言葉を聞きながらそのシチュエーションを想像していきます。

 

想像は人間にとって非常に都合の良いもので、自分の好きなように、自分の最も興奮する状況を作っていくことが出来ますから、そこは正に理想郷!

 

また想像力は

使えば使うほど磨かれていきます

から、SMテレフォンセックスはすればするほど快感度が上がっていくという、とてつもないメリットがあるんですね。

言葉は女性の脳を愛撫する!

言葉の効果は男性よりも女性の方に強い効き目があるのをご存知でしょうか?

 

例えば、セックス時など恋人に向かって

「好き?」

 

「愛してる?」

と聞くことが多いのですが、それは、その言葉を聞くことで脳内に快楽物質が分泌されるからなんです。ですから愛の言葉を聞くこと自体が、女性に強い快感を与えるワケです。

 

言葉責めで女の脳内に快楽物質を分泌させる

 

また、効果はそれだけにとどまらず、性感を一気に高める効果もあります。

 

ですから男性から

「愛してるよ。」

 

「可愛いよ。」

などと囁かれながら、性感帯をせめられれば、強烈な快感を手にすることが出来るワケです。同様にSMプレイにおいても言葉は女性に大きな影響を与えることはもうお判りでしょう。

 

例えば、M女であれば、屈辱的な言葉、羞恥心を煽る言葉を性的快楽に変換する機構をもっていますから、それら言葉を浴びせることで、面白いように快感を与えることが出来るのですね。

手軽さも大事な要素。いつでも出来るという利点がリピーターを増やしている!

SMプレイをする上で大きなハードルと言えば、小道具などの準備が必要な点です。

 

冒頭にもお伝えしたように、SMと聞けばどうしても小道具の存在を思い浮かべますから、それが無いと気分が乗らないとなってしまうのです。

 

すんなりとSMに入り込めるSMテレフォンセックス

 

実際は、「これはSMプレイなんだ。」と思う事さえできれば、道具が無くてもプレイは可能なのですが、SMプレイは道具のイメージが先行しすぎている為、

「道具が無いと始まらない!」

というケースが非常に多くなっています。

 

一方、SMテレフォンセックスでは、言葉責めでSMを味わうことが予めわかっていますから、誰でも手軽にすんなりとSMの世界に入っていけるのです。

 

「SMに興味あるけど、道具買わないといけないし面倒くさいな・・・。」

 

こういったSMプレイヤー予備軍達が、SMテレフォンセックスの存在を知り、またSMツーショットダイヤルの存在を知る事で、

 

「ちょっと試しにやってみよう!」

 

っと、SMテレフォンセックスを体験する。

 

そしてその手軽さに驚き、普段は体験できないSMプレイが身近にある事を知って、リピーターとなっていくのです。

 

ですから、SMテレフォンセックスという言葉が世に生まれて、まだまだ日は浅いのですが、既に多くの人々が手軽にSMを楽しめる手段として、SMテレフォンセックスを楽しんでいるんですね。

他人同士が即SMを楽しめるツールは他にはない!

SMプレイを楽しむうえでのハードルとして、もうひとつ大きなものがあります。

それはパートナーの探し方です。

実はSMプレイを望む人は、皆さんが思ったよりも断然多いのです。

 

SMプレイ需要は皆さんが思う以上に多い

 

しかし、SMプレイのパートナー探しは非常に難しく、いくら需要があってもマッチングをしないのが現状です。では、なぜ需要はあるのに、SMのパートナーを探すのは難しいのでしょうか?

 

それはSMプレイの性質自体に原因があります。

 

SMプレイにおいて、特にソフトになればなるほど

パートナーとの信頼関係が重要

になります。

 

辱めを受けることも、屈辱的な目に合うことも、痛みを伴うことも、信頼している相手であるからこそ、快感に転換出来ます。

 

見ず知らずの相手から上記のような目にあえば、恐怖心が生まれしまい、快感を手にする事は難しくなるのです。

 

その点、SMテレフォンセックスであれば、相手が誰であろうとも危険があるワケではないので、恐怖心を過剰に受ける事がなくなります。

 

そして難なく妄想の世界に飛び込むことができますから、快感を引き出すことが出来るようになるのです。

 

例えば、女性はオナニーをする時のオカズとして、

「知らない男に無理矢理犯される。」

というシチュエーションを妄想をする人が多いのですが、これが現実に起きた場合はどうなるでしょうか?その場合、強烈な恐怖心が生まれ、パニックとなるだけで、快感などは生まれようもありません。

 

この事は、性的快感というものが安全の上に成り立つ事を証明しているのです。

 

この点、SMテレフォンセックスであれば確実に安全は確保されているので、快感の為に100%気持ちを入れていくことができます。

 

その結果、誰でも、そして初対面同士でもSMを楽しむことが出来るのです。

まとめ

さて、今回はSMにおける言葉責めの重要性や、テレフォンセックスとSMの相性についてお伝えしてきました。

 

SMは多くの人が潜在的には楽しみたいと思っているものの、手軽さが足りない為に、なかなかプレイを楽しめない事が多いようです。

 

そういう人こそ、まずはSMテレフォンセックスでSMを手軽に楽しんでいただき、機会を見つけて実際のプレイを楽しんでもらいたいものですね!

 


PAGE TOP